インナーマッスルを意識すること

人間の筋肉は、インナーマッスルと言い、意識的に動かせる筋肉があります。

 

腹筋でも特に腰やお腹、太ももなどについてインナーマッスルと呼ぶことが多いです。

 

インナーマッスルは、基本的には姿勢を保つために重要なものであり、通常の筋トレでは鍛えにくいものです。

 

他の筋肉から少しずつ鍛えられることが多く、インナーマッスルを鍛えることに

より、基礎代謝もアップするのです。

 

インナーマッスルを鍛えるためには、腕や肩の筋肉とは異なり、部分的な筋トレやマッサージをするのではなく、鍛えるためには大きく身体を動かすことや、ゆっくり動く運動をすることが必要になります。

 

具体的には、ウォーキングの際には手足を大きく動かして歩くことや、股関節のストレッチなどで、骨盤の体操をすること、そして姿勢をよくすることに配慮することなどです。

 

体内のインナーマッスルは、小さい動きでは全く効果がありません。

 

インナーマッスルを意識しながら運動をすることで、身体の芯から脂肪燃焼力が高まりダイエットに効果的です。